×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三国志年表A-2

西暦

主要事項

220黄初元年 曹操、洛陽にて没す。曹丕、後漢の献帝より禅譲されて帝位につき魏を建国する。献帝は山陽公となる。洛陽に遷都する。陳羣「九品官人法」を定める。孟達、魏に降る
221黄初二年章武元年 劉備、帝位につき、蜀を建国する。諸葛亮、丞相となる。劉備、呉討伐の軍を起こす。孫権、魏に臣従を申し入れ、魏より呉王に封じられる。張飛、部下に殺される
222黄初三年章武二年黄武元年 劉備、夷陵に進出するが、陸遜の反攻にあい大敗を喫する。孫権、魏より独立し、三国鼎立なる
223黄初四年建興元年黄武二年 劉備、白帝城で病没し、劉禅が即位する。諸葛亮、後事を託される
224黄初五年建興二年黄武三年 呉・蜀の同盟が成る。魏、呉を攻めるが敗退する
225黄初六年建興三年黄武四年 諸葛亮、「七縦七擒」の策をもって南方の異民族を平定する。魏、ふたたび呉を攻めるが勝てず
226黄初七年建興四年黄武五年 魏の文帝曹丕、病没し、明帝曹叡が即位する。孫権、魏を攻めるが、司馬懿の反撃にあって敗退する
227太和元年建興五年黄武六年 諸葛亮、「出師の表」を奉呈して、漢中に駐屯する
228太和二年建興六年黄武七年 司馬懿、孟達を斬る。諸葛亮、【示β】山に進出するが、街亭に敗れ、馬謖を斬る。陸遜、石亭で魏の曹休を大破する。諸葛亮、陳倉を包囲するが降せず
229太和三年建興七年黄龍元年 孫権、帝位につき、建業に遷都する。趙雲没する
230太和四年建興八年黄龍二年 魏、蜀に兵を進めるが、長雨のため撤退する
231太和五年建興九年黄龍三年 諸葛亮、ふたたび【示β】山に進出し、司馬懿を破る
233青龍元年建興十一年嘉禾二年 公孫淵、呉に臣従を申し入れるが、一転して呉の使者を斬り、魏に寝返る
234青龍二年建興十二年嘉禾三年 諸葛亮、五丈原に司馬懿と対陣中に病没する
235青龍三年建興十三年嘉禾四年 蒋【王宛】、諸葛亮の後を継ぎ、大将軍に、費【示韋】、尚書令となる。明帝、宮殿を造営し、諫言集中する。司馬懿、太尉となる
237景初元年建興十五年嘉禾六年 公孫淵、自立し、燕王と号する
238景初二年延熙元年赤鳥元年 司馬懿、遼東を討伐し、公孫淵を斬る。倭の卑弥呼、魏に使節を送り、親魏倭王の証書・印綬を受ける
239景初三年延熙二年赤鳥二年 明帝、病没し、幼帝曹芳が即位する。司馬懿・曹爽が後見にあたる。曹爽、太傅にまつり上げる
244正始五年延熙七年赤鳥七年 魏の曹爽、蜀に侵攻するが、費【示韋】に敗れて兵を引く
245正始六年延熙八年赤鳥八年 陸遜、後継者争いのなかで、憤死する。宦官黄皓、劉禅の寵臣となる
246正始七年延熙九年赤鳥九年 蜀の蒋【王宛】が病没し、費【示韋】が継ぐ。姜維、衛将軍となる。毋丘検、高句麗を討伐する
247正始八年延熙十年赤鳥十年 曹爽の専横が募り、司馬懿は病と称して自邸にこもる
249嘉平元年延熙十二年赤鳥十二年 司馬懿、クーデターをおこし、曹爽とその一味を誅殺、朝政を掌握する。夏侯覇、蜀へ降る
250嘉平二年延熙十三年赤鳥十三年 孫権、太子孫和を廃して孫亮を立てる
251嘉平三年延熙十四年太元元年 司馬懿、病死し、司馬師が継ぐ
252嘉平四年延熙十五年建興元年 孫権、没し、孫亮、即位する。諸葛恪、専権を振るう
253嘉平五年延熙十六年建興二年 孫峻、諸葛恪を斬って丞相となる。費【示韋】、刺殺される
254正元元年延熙十七年五鳳元年 司馬師、魏帝の曹芳を廃し、曹髦を立てる。李豊・張緝・夏侯玄のクーデター発覚し、誅殺される
255正元二年延熙十八年五鳳二年 毋丘倹・文欽、寿春で謀反し、毋丘倹、斬られ、文欽、呉に投降する。司馬師没し、司馬昭、大将軍・録尚書事となる
256甘露元年延熙十九年太平元年 孫峻、没し、孫【糸林】後をおって大将軍となる。姜維大将軍となる
257甘露二年延熙二十年太平二年 諸葛誕、寿春で謀反し、呉に帰順を願い出る。司馬昭、寿春を包囲し、呉の救援軍撤退する
258甘露三年景耀元年永安元年 諸葛誕、文欽を斬る。司馬昭、寿春城を抜き、諸葛誕を斬る。孫亮、孫【糸林】誅殺に失敗する。孫【糸林】、孫亮を廃し、孫休を即位させる。張布ら、孫休の命を受け、孫【糸林】を斬る
260景元元年景耀三年永安三年 司馬昭、曹髦を廃し、曹奐を立てる
261景元二年景耀四年永安四年 宦官黄皓、蜀の朝廷を牛耳る
262景元三年景耀五年永安五年 濮陽興、丞相となり、張布とともに呉の朝廷を牛耳る
263景元四年炎興元年永安六年 魏のケ艾・鐘会ら、蜀に侵攻する。劉禅、降伏し、蜀滅亡する
264景元五年元興元年 鐘会、ケ艾を謀反の罪で誣告し、姜維らと反乱するが、内紛のすえ、ともに殺される。孫休、没し、濮陽興、孫晧を帝位につける。孫晧、濮陽興・張布を誅殺する

西暦

主要事項

265秦始元年甘露元年 司馬昭、没し、司馬炎、晋王・相国となる。ついで禅譲によって帝位につき、晋を建国する
266秦始二年宝鼎元年 倭の女王壱与が朝貢
272秦始八年鳳皇元年 王濬、大艦の建造に着手する。呉の歩闡、西陵城をあげて晋に投降する。陸抗、西陵を包囲し、歩闡を斬る
274秦始十年鳳皇三年陸抗、没する
279咸寧五年天紀三年 晋、呉征討の大軍を起こす
280太康元年天紀四年 孫晧、晋に降伏して、呉、滅亡し、晋の天下統一成る
290太熙元年司馬炎が死亡
300永康元年八王の乱がおこる
311永嘉六年永嘉の乱によって都の洛陽が陥落するとともに、懐帝が匈奴の捕虜となる
313建興元年懐帝が殺され、愍帝が長安で即位
316建興四年愍帝が匈奴に殺されて晋(西晋)が滅亡。呉胡十六国時代が始まる